【悲報】専用設計の“ドローン撃退弾”が発売される!!ドローンの脅威に対する自己防衛が必要な時代

ドローン撃退弾
  • Fcebookでシェアする
  • twitterに投稿する
  • Google+でシェアする
  • はてなブックマークにお気に入り登録する

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1441585544/

1オムコシ ★2015/09/07(月) 09:25:44.02ID:???.net

ドローン撃退弾
『Drone Munition』公式ページより。

2015.09.07

 数の上からいえばすっかり空の最大派閥となった遠隔操縦の無人航空機であるドローン。
今後も様々な分野での活用が考えられアツい視線が注がれているドローンだが、
数が増えれるにつれ事故やトラブルも多く耳に入ってきているのはご存知の通りだ。
そして今、真っ盛りともいえるドローン人気に逆風を巻き起こす動きが出はじめてきている。

■ドローンの脅威に対する自己防衛が必要

 米・アイダホ州に拠点を構える銃器弾薬メーカー「Snake River Shooting Products」が先頃発表した新製品はなんと“ドローン撃退弾”である。

「Drone Munition(ドローン弾)」と呼ばれるこの新製品は口径12番の散弾銃用の弾薬なのだが、ドローンを撃つために専用に開発されたのだ。
とはいっても説明を読む限り、電子系統にダメージを与えるように散弾が強い磁気を帯びていているということ以外には普通の散弾と大きな違いはないようだ。
要するにカモやキジを撃つハンターとまったく同じように、この弾でドローンを撃つということだ。

 確かに故障やトラブル、あるいは操縦者の悪意ある意図によってドローンが人間に危険を及ぼすケースもあるだろう。
その際、銃を持っていればそれぞれの判断でドローンを撃ち落とす選択もあり得る。
しかしいったいどうして専用の“ドローン撃退弾”を開発する必要があったのか。
「Drone Munition」の包装箱には、戦車のプラモデルの箱と見紛うようなタッチのイラストで砲火にまみれたドローンの姿が描かれ、商品名と共に「ドローンの支配に備えよ!(Prepare for the drone apocalypse!)」というキャッチフレーズが記されている。

 この話題を取り上げた「The Daily Dot」の記事では「ジョークなのか本気なのかわからない」としていながらも、同社社長のケーシー・ペッツォルト氏を取材している。
この記事や同社のウェブサイトによれば、ドローンへの過剰ともいえる“敵対心”はやはり同社の、とりわけペッツォルト社長のポリシーのようである。

「ドローンの数は日ごとに増えており、犯罪者からであれドローンからであれ脅威に対する自己防衛は適法です。
この製品はドローンから我々の家族を守る対費用効果の高い解決策なのです」(ケーシー・ペッツォルト社長:同社サイトより抜粋)

 この社長には何かドローンに対する恨みでもあるのかと勘ぐってしまうが、
将来的にはクレー射撃のようにドローンを標的にしたスポーツ射撃の構想も考えられているという。
スポーツ射撃の話は脱線であるにしても、
今後も増え続けるドローンに対して一部で警戒感が増してきていることは確かなようだ。

【参考】
・The Daily Dot(Drone Munition)
http://www.dailydot.com/technology/drone-munition-ammo/

・The Daily Dot(ボーイング社)
http://www.dailydot.com/technology/boeing-hel-md-drone-laser/

http://otapol.jp/2015/09/post-3826.html
※続く

2オムコシ ★2015/09/07(月) 09:26:23.85ID:???.net

>>1
の続き

■消防ヘリの活動をドローンが妨害していた

 増え続けるドローンへの懸念を象徴するような2つの事件がこの7月に起っている。

 1つは、ケンタッキー州でのドローン撃墜事件だ。裏庭でホバリングしていたというドローンを散弾銃で撃墜したその家の主は、
16歳の娘の生活がドローンによって盗撮されていると主張したのだ。

 人の家の敷地の上空を飛行し盗撮までしていれば撃墜されても当然だという声が多かったのだが、
撃ち落されたドローンの操縦者がこの時に収録した映象を警察に提供したしたところ、娘の姿をとらえた映象はなかったことで事件は一筋縄ではいかなくなっているようだ。
安易に発砲した男のほうが罪に問われることも考えられるという。
これまでも実際にドローンを撃ち落して罰金刑を課されたケースがいくつか出てきているのだ。

 2つめは、カリフォルニア州で7月はじめに発生した山火事で消火・救難活動に向かう消防のヘリが、
火事の模様を空撮にやって来た複数のドローンによって進路を妨害された事件である。
これによって消火活動が15分遅れたといわれ、山火事に阻まれて高速道路上で放棄された車両が数多く燃えることになったという。

 また、もし空中でドローンと接触すれば最悪の場合は消防ヘリが墜落して消防隊員の命が失われる可能性もあったことから、
きわめて重大な事件として管轄のサンバーナーディーノ市はこの時のドローンの操縦者を発見・通報した者に懸賞金を出すことを発表。
その額、なんと7万5000ドル(約930万円)だ。

 現行法でドローンも立派な航空機と認められているアメリカでは、よほどの理由がない限り、もし撃ち落した場合は単なる器物損壊以上の(連邦法に抵触する)犯罪になってしまう。
しかし今回の山火事のような深刻な事件が続けば、ドローンに対する法改正が真剣に討議されてくるだろう。

 ドローンによって各種の作戦を妨害される懸念もあってか、実際に米軍では対ドローン用のレーザー兵器を開発しており、
民間でもボーイング社が旅客機にも搭載可能なドローンを排除する小型レーザー装置(兵器)を開発中であることが報じられている。
ドローンによる“空の産業革命”と今後の空の安全について、これからもまだまだ議論が続きそうだ。
(文/仲田しんじ)

※以上

以下、ネットの反応

3なまえないよぉ~2015/09/07(月) 09:29:49.84ID:U4P8jrbt.net

>電子系統にダメージを与えるように散弾が強い磁気を帯びていている
空港で使えるのかってな。

8なまえないよぉ~2015/09/07(月) 09:51:09.23ID:MqQ15ZRq.net

>>3

1読む限りあくまで一般市民向けで、個人の責任でぶっ放せる範囲での使用を想定してる感じじゃね?

しかし強い磁気ってネオジム磁石製の散弾でも詰め込んでんのか?
ちゃんとバラけるんだろうか?

16なまえないよぉ~2015/09/07(月) 14:36:35.84ID:PNHX9P4X.net

アルミの紙吹雪みたいなチャフを浴びせられたら有効だよな
破壊して迎撃しなくても電波遮断させて墜落させちまえばいいんだから

19なまえないよぉ~2015/09/07(月) 20:13:37.85ID:2haFc7Yx.net

散弾が強い磁気を帯びてたらバラけずにひとかたまりで飛んでくか、下手すりゃバレル内に何粒かくっついて次弾発射時にバレルが破裂したりせんか?

6なまえないよぉ~2015/09/07(月) 09:36:56.25ID:bsOkxo7l.net

ドローンをドカーン

5なまえないよぉ~2015/09/07(月) 09:32:36.40ID:B6jluFCh.net

物騒過ぎるw
日本じゃ無理だろう

22なまえないよぉ~2015/09/08(火) 05:36:42.27ID:dtHeym95.net

 ※国では むやみに 飛行中の飛行物体(有人無人を問わず)を落すことを
禁止している法律があるので 犯罪者養成するだけだろ

17なまえないよぉ~2015/09/07(月) 14:58:30.96ID:82zTPJiY.net

日本は警察しか扱えないだろう
ちなみに日本は航空法を改正・即日施行でドローン飛行を制限したから

7なまえないよぉ~2015/09/07(月) 09:41:26.29ID:tN9478LP.net

>>裏庭でホバリングしていたというドローンを散弾銃で撃墜したその家の主は、16歳の娘の生活がドローンによって盗撮されていると主張したの
>>収録した映象を警察に提供したしたところ、娘の姿をとらえた映象はなかったことで事件

人の敷地内でホバリングさせてる時点で不法侵入だと思うが?

9なまえないよぉ~2015/09/07(月) 10:26:30.48ID:h2/3B0ho.net

>>7

それが許されるなら家の上空を毎日のように低空飛行実験で
轟音立てて飛んで来る米軍機を不法侵入で起訴するわ…

10なまえないよぉ~2015/09/07(月) 11:03:16.05ID:PDWFpZqN.net

>>9

たしか、敷地内上空にも土地の権利があるよ。
まさか自分の家の上空500m以上でも俺の家とか思ってる人?

15なまえないよぉ~2015/09/07(月) 12:42:06.86ID:cl12ucZw.net

ドローンも操縦者も免許制にすればいいんじゃないの
よくわからんメーカーのおもちゃをなんの訓練も受けてない奴が頭の上飛ばしてるとか嫌すぎるんだが

11なまえないよぉ~2015/09/07(月) 11:13:07.07ID:kY35TsOB.net

要は使う人間次第って事だよね
ドローン落下やら盗撮紛いの事する連中がクローズアップされてしまってドローン=悪いみたいな構図になってしまったなぁ

14なまえないよぉ~2015/09/07(月) 11:50:15.38ID:NAGTzQxR.net

>>11

まともに使っているケースの方が少ないから仕方ない
必要性の有無で言えば、大概は必要ない行為だし、必要な行為は届け出制あるいは免許制にしても問題はないからね

12なまえないよぉ~2015/09/07(月) 11:36:09.85ID:iM6P3rZX.net

スカートの中に入れたカメラを壊されて
写してないのに何しやがるって逆ギレされた感じか

18なまえないよぉ~2015/09/07(月) 18:05:40.49ID:FmegRmI3.net

500メートルでホバリングしてカメラでズームすればばれずに盗撮できるし実際それができるドローンが10万で買える(DJI F550など)

13なまえないよぉ~2015/09/07(月) 11:43:17.56ID:zw/Bdovr.net

いよいよロボット対人類の戦いが始まる!

21なまえないよぉ~2015/09/08(火) 05:33:19.04ID:SW7cmPVC.net

こういうので需要を減らすと世界的な競争力が無くなるんだよなあ
また日本の一人負けか・・・

関連動画


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトのツイッター

管理人からのお知らせ

※ここ最近サイトが重かったり、503エラーを頻発しており閲覧者様には大変なご迷惑をお掛けしております。只今、サーバー補強の準備中ですのでもう暫くの間ご辛抱くださいませ。

引き続き、更新に励み運営していきますので
今後とも当サイトをどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

カテゴリー

リンク集

毎度お世話になりますm(_ _)m